言語を学ぶと、一番大事な勉強法とは?

学校で勉強しても、独学しても、色々な勉強法があります。その中、効率的な勉強法があり、そしてあまり効率的ではない勉強法もあります。このリストではその勉強法を比べ、そして私の独学システムで一番優先している勉強法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

聞き取り

聞き取りというのは映画やポットキャスト、ラジオーなどを聞き、理解しようとしている練習です。聞き取りを良くすると母語者の発音に慣れ、自分の理解力を高められます。

その中で、新しい言葉をを学ぶために、不明な単語がでるとそれを引いて、ノートに書く人もいます。勿論、それは聞くと理解するのフローを乱れるので、本当に大事と思ってる単語をノートに書く方が効率的だと思います。


この勉強法の凄さは、映画の趣味と言語の勉強を混ぜることができます。しかしここに大きなミスをする人もいます。日本語の字幕も表示したら、脳が自然に字幕だけを読み、会話をもう聞かないので、ご注意ください。

後、速やかに新しい言葉を学ぶためにはこの勉強法は相応しくではありません。

母語者の言語パートナーと会話をする

この勉強法にも聞き取りの練習が含めてあり、母語者の発音に慣れることができます。それに映画やテープとかの会話より自然な毎日の発音です。しかし言語パートナーを一人だけがいると、その人の発音に慣れ、他の人と話すとよく聞き取れない場合もあります。

勿論これは聞き取りだけではなく、自分で習った言葉を実際に使うことができます。ペラペラになるために、それは不可欠です。しかし、まだ初心者であれば、自分が言いたいことを流露するのはまだできないので、中級レベルから良くいろいろな人と会話するのは一番効率的だと思います。


楽しい時間を過ごしながら、自分の会話力を高めることができ、とても大事な勉強法とおもいますが、これも新しい言葉を身につけるは遅いです。なので、新しい言葉を学ぶためではなく、自分が今分かる言葉の知識を堅固するために使ってください。

文法問題を解くと単語リストを暗記する

これは多分日本で一番人気、そして私が一番気に入らない言語勉強法の一つなんです。確かによく文法のクイズをし、単語を数多く暗記すれば、読んでることをもっと理解できるようになれ、小さな文法ミスの癖を直せることもできるかもしれないです。

しかし進展は非常に遅く、ペラペラになるために、何も役に立たないと言いえます。単語リストで暗記した言葉はすぐに忘れ、文法クイズで解いた問題があっても、その文法を実際に使えることになりませんので、この文法方を少なめにつかった方がいいです。


読書と多読

この勉強法は地味だと思う人もいるかもしれませんが、私の意見には、これは一番大事だと思います。自分のレベルより少し難しい文章、本、新聞記事などを読めば、新しい単語が続々と頭の記憶に入り、実際に使う環境と一緒に学ぶことができます。それは知ってる単語の数を多分一番早く増やす勉強法なんです。

それだけではなく、文法の知識と理解もクイズより効率的に高められ、とてもがいがある練習なんです。

会話するだけでペラペラになることができますが、文章や本のなかで使われている単語の種類の方は多いですね。普通の日常会話より、専門的や上品の言葉を学べられるので、毎日時間があれば、是非すきなものを読んでください。

読書すればするほど、勉強している言語で考えるようになるので、ペラペラへの道が開きます。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク