どうして独学の勉強は必須なんでしょう

この気持ちが分かりませんか?何年間も学校で英語を勉強してきたのに、街で外国人に話しかけられ、何も出てこない時の悲しみと絶望。先生に言われたとおり勉強したのに、実際に使うことはできません。

じゃぁ、どうすれば使えるようになれますか?それは自分で勉強することです。独学です。その独学と普通の勉強法の違いはこちらに説明します。

スポンサーリンク

学校の勉強は役に立ちません

でも何で学校の勉強は独学よりそんなに悪いのでしょうか。まぁ、一つの問題点は学校での勉強は非常に遅いです。若い時にはとても忙しいと思ったかもしれませんが、実は一人の勉強と比べれば、学校は小さいことを優先し、進むのが独学より大変遅いです。なので、七年間も英語を勉強しましたよ、といっても何も意味がないですね。

後、学校では言葉やセリフを暗記することが多いです。数多くの言葉を身につけることはとてもだいじなんですが、この勉強法では独学と違って使えるようになりません。ペラペラしゃべりたいなら喋ってる言語で考えないといけない。そして、その言語の気持ちとフローを感じないと駄目なんですよ。言葉リストを暗記することで、そのスキルは身につけることはできません。


三つ目の問題点は独学とちがってテストですね。学校の勉強はペラペラになるためではなく、いい成績をとるためにあります。なので、テストで簡単に数値化できるようなな文法と言葉クイズが使用され、独学で優先されるの会話やちゃんとした読書はあまりしません。

他の言語クラスでも効率的な勉強法は使われていません

言語の専門学校は普通の高校よりずっといいですが、そこにも独学よりいくつかの不利な点があります。

一つはスピードをあわせることができません。一人一人の生徒はみんな学び方と速さは違うので、同じスピードで教わることは不効率的に違いありません。遅すぎると思うと、不満がでて早すぎると思うと何もできません。その状態では勉強ができませんよね。


それに他の生徒がいるとモチベーションを引き上げることがあるですが、生徒たちの間のレベルが違い過ぎると、勉強の邪魔です。一番優れているのクラスメートが弱いクラスメートに絶望を与えて、一番弱いクラスメートに対して、他の生徒たちが怒りを感じているという状況は少なくありません。それで諦める人は大勢いるらしいです。こうした状況は独学すると存在しませんね。

もちろん、普通の学校と違って会話を優先する授業もたくさんありますが、クラス内で話すとちょっと不満ではありませんか。母語者がクラスにいないため、言語の初心者がお互いに違う発音を教える恐れがありますね。

独学には利点が多いです

それに対して、独学で言語を学ぶと、その問題点を避けることができます。それに学校に通っても、学校の後自分で勉強することができ、他の生徒たちより早く上達できます。あえて言うと、独学をしないで、授業と先生だけに頼ると、ペラペラになるのは不可能に近いです。独学の利点はこちらです。

  • 独学では自分に一番相応しいスピードで勉強するので、進むのが早くて、快適です
  • 言語パートナーを探すことで、独学者でも毎日母語者と話せる。それで、速やかにペラペラになります。それに間違った発音は教わりません。
  • 独学者は好きな分野を選び、快適で勉強できます。興味がある文章を読むと読書の量は自然に上昇し、上達に加速度がつきます。
  • 独学でテストがないため、逆に忘れることは少なくなります。テストのために勉強すると、テストが終わり、ほっとするときに勉強したことを忘れることは多いですよね。しかし、自分の上達、独学でペラペラになるため勉強法を選び、学ぶと、忘れることは避けます。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク