英語学習の本は根本的に間違っている

この前新宿駅の近くにある本屋さんにいきました。もちろん、私は直接言語学習のコーナーに言って、色々な本を読んでみました。その時、一つ気づきました。多くの英語学習書には共通点があります。というか、問題ですね。読んだ本の全てで勉強方法が根本的に間違っていました。その間違っているてんはこの投稿で紹介します。

スポンサーリンク

単語リストの暗記は中心

一つのは単語のリストで暗記することは主な本の中心でした。「言語を学ぶと一番大事な勉強法とは」の投稿で示したように言葉を覚えるため文章の単語を読む方が、地味に暗記するより効率的です。なのに、本屋さんにあった本全部長いリストが書いてあり、それを学習者に暗記してもらおうとしています。それに文章があっても、それは非常に短く、リストの単語はあまり含まれていません。それで効率的に勉強できる人はあまりいないと思います。


フレーズブックが多いです

多分皆さま見たことあり、買ったこともあるかもしれません。しかし、勉強している言語使って考えるようになるのため、フレーズブックはの役に立ちません。まさに、単語リストを暗記すると同じく、読んでる内容次に読パートつながりはなく、いつ読ん言葉やフレーズを使っていいのかわからないので身に付ません。何時間そういう本をよんでも、話そうとするときには多分何も話せないと思います。そういう本は避けた方がいいです。

英語を勉強しているのに説明は日本語でくどくどと書いてある

英語を勉強したいなら、なるべく多く英語で読み、英語で考えるようにならないといけません。それにしても、本屋さんで見た本は日本語だらけでした。もちろん、初心者の場合、文法の説明が必要ですよね。しかし、フレーズ一つ、一つに日本語で長い説明文を付けたら、逆に意味が分からなくなると思います。

文法の場合は、短い説明を一度、二度ぐらい読み、たくさん例を読む方がずっと効率的です。フレーズと言葉などの説明の場合、なくしても良いと思います。文章の中でなんども読んだら、自然に使い方は分かってくると私思っています。


Toeicや他のテスト

確かに日本ではあらゆるテストに合格するの大事なんですね。それに対応して、出版社は数えられないぐらいの本を皆様に提供しています。それだけは問題ではありません。

しかし、そのせいで、皆さんテストのことだけを考えて、それのための勉強ばかりをしているので、流暢に話せるようになれません。

シートテストで100点をとっても、実際に使う時が来たら、何も言葉がてこない人は多いです。なので、テストの合格はして欲しいが、その間、そしてテストのあと、本当に大事な勉強方法を忘れないでください。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク