フリーランサーの時給を社員より高くする必要がある理由を集めてみた

フリーランサーの仕事に対して色々な思い込みと誤解があります。普通の社員は「こんなに儲けられるんだ!」とかを言って、フリーランスの仕事を始める人は「こんな低い値段でもサラリーマン並みに儲けられるから、大丈夫だね」とかを思います。

はっきり言います。それは違いますよ!自分の仕事と他人の仕事の障害になります。

スポンサーリンク

病気の時は自分の貯金を使わないといけない

先進国のほとんど正社員病気になっても、ある程度の期間の間働けなくても、会社は給料を普通に払います。

フリーランサーはそんな余裕がありません。病気や怪我のための保険はあるが、何日間も仕事ができない場合、フリーランサーのほとんどは収入がありません。

そういう場合に備えて貯金しないといけませんが、そのためにも時給を高くする必要があるのです。


旅行の時もお金が入らない

病気と同じく旅行に行くと働かないので、お金が入りません。ドイツでは正社員は年間、最低でも24日の有給休暇があります。フリーランサーはちゃんとした旅行したいなら、旅行のお金だけではなく、給料の分も儲けないといけません。

もちろん、インターネットがあれば、どこでも働ける仕事がありますが。国に行っても、毎日仕事すれば、それは旅行呼べませんよね。

普段の仕事のほかにもやることは山ほどある

フリーランサーは仕事をしている時間だけを計算したら、時給は非常に高い時があります。正式なフリーランサーは個人事業主のように(独立起業)のように活躍しないといけません。そこに含めているの作業は

  • 集客
  • 簿記
  • インボイスを書く
  • 税金を準備する

などなど・・・ なので、仕事自体に入らない作業は沢山ありますので、その分のお金を儲けないといけません。

フリーランスの仕事を始めようと思ったら、この三つのポイントを頭に置いてください。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク