プライベートライフは外国に住んでいるように過ごしましょう

言語学習は外国に住んでいると、一番早く上達できます。しかし日本に居る間は、あまり進歩しない人が沢山います。

ならば、外国を日本に移せばいいじゃないですか?そうすると言語学習は楽しくなり、上達も早くなります。自分のプライベートライフを変える方法をここで教えようと思います。

スポンサーリンク

外国のニュースを見て、新聞を読もう

これは一番簡単かもしれないですね。外国のニュースと新聞なら、オンラインで見ることができます。

それを毎朝毎晩すると、上達は早く明確になります。例えば、どんな国の新聞でもこのサイトに見つけることができます。是非試してください。


外国の人と話したり、チャットしたりしよう

この課題は言語によって難問になるかもしれません。いい言語ーパートナーや話し相手を見つけるのは簡単なことではありません。

しかし毎日ネイティブの人と話すと、流暢への道が開きます。外国の方を見つけるサイトは例えばitalki,mylanguageexchangeLang-8

外国のスポーツチームを応援しよう

スポーツが好きな方は、外国チームを応援することで、自分が一日中楽しく学びながら外国語を勉強することができます。

熱狂的なファンはチームのニュースを毎日チェックすることで、自動的に言葉を暗記することができます。それに、新しい知り合いと友達を作ることも可能です。

海外旅行に行くときは、試合をライブで見ればなにより楽しくて最高です!


外国の映画とドラマを楽しもう

これは多分、多くの言語学習者は今でもやっていると思いますが、中途半端なやり方を見ることも多いです。

目的は外国にいるのように生活して、外国語で考えるようになることなので、字幕は厳禁です。最初はとても辛いと思う人もいるかもしれませんが、慣れたら、字幕つきで見るより倍に楽しむことができます。

パソコンとブラウザを外国語に設定しよう

上級者のみです!勉強している外国語を読めない人は決して試しては駄目です。パソコンとインターネットブラウサーを外国語に設定すると、色々な普段見かけない言葉にであうことができます。

そして、映画を見るときや、新聞を読んでいるところで、日本語でのメッセージの邪魔は入ってきません。もちろん、その外国語を読めないと、違う選択をしたり、警告を見逃したりすることがありますので、ご注意ください。

自分の勉強コーナーを作ろう

人間の脳は環境に応じて働きます。寝る時以外によくベッドの上で時間を過ごすと、眠れなくなることがあります。

そして、いつも勉強のため同じ場所に行くと、脳がいつの間にか自動的に切り替え、外国語に考え始めるようになります。

このいくつかのヒントを全部実行すれば、上達は非常に早くなり、外国語で考えるようになるので、是非試してみてください。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク