発音の重要性

「発音は重要だ」という意見には、誰でも同意できますよね。学校の先生から、言語学習者の仲間達まで、その重要性何となく分かると思いますが、具体的な理由は考えたことないと思います。

私自日本語を勉強した時発音優先しなかったのでせず、他の人と始めたころはとき結構苦労しました。幸いなことに、話すきかけはその後たくさんあったので、発音を並のレベルに上げることはできた…と思いたいです。

最近はドイツ語とフランス語を学びたい人とよく話をする機会あり多言語の発音の難しさ改めて気きました。

今回は発音の重要性について書き、来週は発音の学び方について書きます。

スポンサーリンク

声調言語の発音

発音が一番重要なのは声調言語ですね。声調言語というのは話す時声調によって言葉の意味が変わる言語ことす。そういう言語を勉強始めるときは発音特に優先するべきですね。言語の声調やアクセントを上手く使えないと、会話はできません。

特に日本には中国語を学ぶ方多いと思いますので、そこ気をつけてください。独学で勉強する場合は、ネイティブの友人などと発音の練習をするといいと思います。


文法が完璧でも分からない時がある

声調言語でない言語でも、発音が悪いと相手に伝わらないとがたくさんあります。特に勉強している言語母語と大分違う苦労する人は多いと思います。

日本人はヨーロッパの言語のLとRの違いが苦手、フランス語のRは無理と主張する人は少なくありません。ドイツ語にはウムラウトがあって、それを聞き分けない友人もたくさんいます。

しかし、長い間頑張って、その壁を越えた人もいますので、諦めないでください。発音が綺麗になったら、色々な誤解を避けることができます!


発音で人の頭の良さが分かるという思い込み

相手の発音が変だと、「この人はあまり頭がよくない」と思ってしまう人が残念ながらたくさんいます。ただし、発音は頭の良さと関係ありません。生まれた時から苦手な人がいれば、すぐ発音のニュアンスが分かる人もいます。

それに、大人になって勉強始めた人の中に話す時自分の母語の影響が強い人もたくさんいます。大人になったら、それを変えることは難しくなるのです。

とはいえ、最初から発音優先して勉強すると母語影響による発音ミスも避けることができますので、頑張りましょう。

完璧な発音はないのだから、安心して発音の練習をしよう

発音がとても綺麗な人でも母語話者ではないということは聞くと分かりますよね。なぜかというと、上手く母語話者を真似しても、どこか細かい部分で微妙に違うところあります。

ですから、自分の発音ミスに落ち込む必要はないです。頑張れば、全部相手に伝るようになることができます。どうやって発音を練習すればいいかは来週の記事で考えてしましょう。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク