発音練習はどうやってすればいい?いくつかの発音練習法を集めてみました!

前週は発音の重要性について語りました。しかし重要だと分かっていても、どうやって発音練習をすればいいか、分からないですよね。なので、今日は発音練習のやり方を確認しましょう。

スポンサーリンク

シャドウイング

これは知り合いの大学講師による一番効率的な発音勉強方法です。この発音練習動画を見たり、ラジオやポットキャストを聞きながら、聞いてることをすぐに繰り返します。そうすると母語話者が話していることを直接真似することができます。ちいさな癖まで気づくこともできるようになります。

けれども、いくつか問題があります。聞き取れない部分があると、繰り返すことができず、混乱してしまう可能性があります。そして話すことと同時に聴き取るのは極めて難しいので、初心者には合わない発音練習の一つです。


好きな俳優を真似しよう

これはシャドウイングとほぼ同じですが、発音練習を楽しむため、好きな俳優の映画やドラマ、テレビ番組を見ながら練習できます。その上、自分が好き、「こう話したい」と思う話し方も選ぶことができます。素晴らしいと思いませんか?

その言葉を使う国に住もう

言語学習には、その言語が国語である国に住むことより効率的なものはないです。発音練習もほぼ自動的にできます。言語学習するためにその国に住むことより効率的なものはないです。毎日一日中勉強している言語を聞くと、時間がたつにつれて、発音は国の人のようになります。


ネイティブではない人と話すのを避ける

もちろん、日本に住んでいる、ネイティブの人を見つけるのはもちろん難しいでしょう。それでも勉強している言語で他の日本人と話すのはあまりよくないと思います。悪い癖が移ったり、話の流れがメチャクチャになりすることがよくあります。

その理由から、私はクラスで言語学習をすることはあまり好きじゃないです。

音読する

私は日本語を独学で勉強し始めた頃、よく音読しました。CD聴いた後、もう一度同じテキストを声に出して読むのはシャドウイングがまだできない時に一番いいと思います。恥ずかしいと思う人もいるかもしれませんが、言語学習には恥ずかしい事は多いので、耐えてください!

自分の声を録音する

話す時には、自分の発音、話すスピード、が合っているかどうかは確認できませんよね。そこで、またまた恥ずかしい発音練習方法があります!自分が話すとき、または音読する時、それを録音して、後で聴いて確認することです。自分の声が嫌いな人もいるかもしれませんが、そこはまた恥ずかしさ耐えて、発音をチェックすると、小さな癖とつまらない発音ミスを見つけて、あとで直すことができます!

この練習方法を繰り返して当てはまれば、早く上達できると私は信じています。是非試してみてください。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク