「気づく」と「想像力」 - 勉強学習で不可欠なスキル

読書は勉強方法の中で一番重要です。私はそれを強く信じています。

しかし普通に読むだけではあまり効率的ではないかもしれません。読んでいる間は脳が100%テキストに集中していないといけません

そうするとそして下に説明する二つのスキルを使用すると、読書で単語を覚えるのを早くできます。

でもそのスキルを紹介する前に、やってはいけない読書法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

やってはいけない読書法

  • 周囲に雑音がある環境で読書する

まわりの人が元気に喋っています。旦那さんや嫁さんが掃除機をかけています。車が数多く走っています。このような場所は読書に相応しくないです。脳が文章に集中できないですから。

  • テレビを見ながら読書する

他の言語の文章を読むと、脳が苦戦をしていて、テキストを理解しようとしています。それでも同時にニュースなどを見る人がいます。結果は読み終わるところで、ニュースと文章の内容は両方忘れました。

  • 他のこと考えながら読書する

特に文章が難しいと、それとも興味がない文章を読んでいると、脳が他の事を考えてしまうことは多いです。「今夜は何食べようか」などと考えてしまいます。この罠に落ちないように気を付けましょう!


気づく ー 言葉の使い方を理解できるスキル

読んでいる文章の中で、新しい言葉が出てくる時や、なんとなく分かる言葉が出てくると、このスキルは大事です。

「一緒に出る言葉はなんですか」、「その言葉はどんな内容で、どんな環境で使われていますか」、などなことを気づいたら、言葉の意味と使い方は辞書を使わなくても推定できます。

そして、自分が使えるようになる時には正しい意味と文脈で使うことができます。

気づくスキルを持っておらず、全部の言葉を辞書で引く人はそれができないため、文章がおかしくなり、違う言葉を使うミスは多くなります。


想像力 ー 言葉の意味を想像で掴むことができるスキル

想像力は、知らない言葉に当たったときに活躍する、二つ目の大事なスキルなんです。特に多読の時には言葉を引かないので、小説などの内容は自分の頭の中で想像することが多いですね。

けれども、文章の全体的な意味だけではなく、文一つ一つ、言葉一つ一つも想像力で推定することができます。知っている言葉の意味と使われている文法を参考にして、結構いい推定ができると、私思います。

それに、どんな文章でも内容について大事な言葉はテキストの中で何回もでてくるので、前回出てきた時推定した意味を絞って、どんどん本当の意味に近づけることができます。

このように読書をすれば、辞書を使う人より楽に読んだり話したりできるようなります。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク