子供のように言語を勉強するって効率的?

多言語の家庭の子供は羨ましいです。ドイツにいた時、電車の中である家族を発見しました。お父さんがドイツ人で、お母さんは日本人でした。子供たちはお父さんとドイツ語で話して、お母さんと日本語で話しました。そして両親は英語で会話をしました。その子供たちは恵まれていると思いませんか?

この子供たちみたいに、大人も言語を勉強できたら、いいですよね。そういう願いがある人は少なくではないため、数多くの会社はそれに対応して商品を作り出しました

スポンサーリンク

広告が約束する、子供の学び方の効果

会社は広告でこのような約束をします。子供のように、言語を身に付けましょう。「大人も、子供みたいに、素直に受け身になって、パッシブに、言語を勉強すれば、驚くほど早く流暢に喋れるようになります。」「私たちのソフトを使って、パッシブに傍聴すると、無意識にペラペラになります。」それは結構上手い話ですね。傍聴するだけで、楽に言語を勉強できる。だれでもやってみたいことかもしれません。

その上に、無意識で学ぶことが一番効率的と出張する会社もいます。「寝る時に、作業するの間、ラジオやテレビをつけっぱなしにしたら、その言語を身に付けることができます」などセリフはよく耳に届きます。または,よく耳にします。しかしそれは本当の話なのか、それともただの夢話なのでしょうか?


大人が本当に子供のように言語を勉強できる?

実はこのように勉強しようとした人が大勢います。でも実際の効果はわずかみたいです。無意識に聴くと、脳がその言葉をちゃんと受け取らなく、大事な情報ではないと判断し、排除します。

それに聴くだけで言葉の本当の意味を理解できるのはその言語をもう十分に知った後からではないと無理だと思います。すでに身に付けた単語と文法がないと、何も聞き取れないですので。

もちろん、ラジオを聴く、テレビを見るのは流暢になるために大事な作業ですが、それだけを使うと、何も効果がありません。


正しく言語を勉強しよう、大人の言語学習の道

子供の脳と大人の脳は大分異なっています。子供たちは周りに使われているの言語を自動的に受け取ります。しかし大人になったら、もっとアクティブに勉強しないといけなくなります

それに、読書、読解、多読はより大事になります。流暢で話し、色々な分野のテキストと会話を分かるために聞き取りと話すことに加えて、読書の力を借りないといけません。

そうしたら、子供より早く外国語を身に付けることができます。良かったら、私が自分の経験をいかして、作り出した独学システムを使ってみてください。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク