教科書の選び方 - 言語独学システム初心者段階

「独学システム概要!一人もでペラペラになれる勉強法!」に書いたように、独学センパイの言語独学システムでは、初心者はまず教科書で基本の文法と単語を身に付けることをめます。

でもいったいどんな教科書がいいでしょうか。その問はこの投稿で解けてみましょう。

スポンサーリンク

なるべく長い教科書シリー

教科書に沿って勉強するのは一番楽な学習方法だと思います。いい本だったら、情報がよく整理され、分かりやすいように書かれています。

そのため、なるべく長い教科書シリーを選ぶことを勧めます。中級レベルに入り、母語話者のために書かれた文章に移動するのは一番難しい時かもしれませんので、なるべく多くの数の単語は分かりやすい教科書で身に付けた方がいいです。

一冊、二冊の本を勉強しただけではまだ文法と単語の知識は足りません。四つ、五つぐらいの本があるシリーを探しましょう。

それなら、もっと難しい文章への移動はもっと楽になるはずです。


文書重視の教科書

これは一番大事なポイントかもしれません。「言語を学ぶと、一番大事な勉強法とは?」にも書かきましたが、単語を覚えるには単語リストなどは役に立ちません。文章をたくさん読んで、覚えるのが一番効率的だと思います。

それで単語だけではなく、使い方、使う環境、文法も同時に勉強することができます。それに最後の最後の目的、勉強している言語で考えること、に近づけます。

よく見当たるのは文章が短く、単語リストが長い教科書ですね。この形式なら、文章を読む作業も短くなり、単語を一つ一つ詰まらないままで暗記するしかないので、このような教科書も避けましょう。

文法の例文が多い教科書

文法の学び方は単語の学び方に近いです。一番効率的な勉強方法は自然な環境で学ぶことですそれは文章です。

しかし全然違う言語の文法は理解するまで時間が掛かります。なので、説明は毎日ちょっと読んで、たくさんの例文を読んでみましょう。しかし例文は一つ、二つだけしか書いてない教科書は残念ながら多いです。

その場合はインターネットの文法辞典などでもっと例文を探して、集めましょう。毎日たくさんの文章と例文を読んだら、どんなに違う文法でも分かるようになります。


CDが付いている教科書

いうまでもなく、CDがない教科書は言語の勉強に相応しくない。それでもたまにはあります。私が韓国語の授業通った時、教科書はコストを下げるためCD無しで提供されました。

聞き取りもできず、話し方の物真似やシャドウイングもできないままで、言語学習は無意味に近いです。

なので、なるべく多くの内容がCDに入っていて、母語話者が文章と会話を読んでいる教科書を探しましょう。

この条件が全部揃っている教科書は言語学習に相応しいとも言っても良いです。もちろん、努力しないと、どんな立派な本を持っていても意味がないので、毎日頑張って勉強しましょう。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク