理想な言語パートナーはどんな人?

話せば話すほど、話す力がつき、流暢には話せるようになります。それは言語習得における基本であり鉄則です。しかし、誰と話しても結果が同じわけではありません。「一番大事な勉強法」と「何で独学の勉強は必須なんでしょう」の投稿に書いたように他の学習者とではなく、母語者と会話することです

そのために言語パートナーを見つけないといけません。でもどんな人がいいでしょうか。勿論英語を勉強する日本人なら、日本語を勉強しているアメリカ人やイギリス人を言語パートナーにしたほうがいいですね。でも他の条件はそんなに明確ではないかもしれませんので、こちらに紹介します!

スポンサーリンク

言語パートナーはどんな性格がでいいですか?

普通に思うと、凄く熱心で日本語を勉強したいという人がいいと思ってしまうことは多いかもしれません。でもその人が必ずしもいいパートナーになるわけではありません。そういう人はいつも日本語で話し、日本と日本語について沢山質問をし、日本語の間違いの訂正を頼んできます

なので、英語を勉強したい日本人の方が練習時間が少なくなり、語学力を伸ばせません。自分の文化と言語を教えるの楽しいと思うのは分かりますが、自分の上達を優先しないといけません。


なので、自分から積極的に話さない、ちょっとシャイな人が最適かもしれません。それで、英語での話すタイムが非常に多くなり、上達は早いです。

それから教えるのが大好きな心のパートナーがいいですね。言語交換というのはただの日常会話ではありません。お互いの国の文化について質問をし、勉強法について話し合い、お互いの書いた文章や日記を訂正することもやったほうがいいですので、その作業は楽しいと他の人は手伝いたい、そのためにも自分の時間を犠牲すると思っている人を見つければ幸いですね。

男性と言語交換しますか?それとも女性の方がいいですか?

これは難問です。論理的と考えれば、男性と女性の話し方、発音、単語が異なるので両方のパートナーを作った方がいいですね。一つだけの話し方になれてはいけません。面白いことに日本人の女性とだけ言語交換をしてきた外国人の男性がいて、その女性っぽい話し方に慣れ、男性を聞き取りにくいと思ってしまったり、妙に女性っぽく話したりします。

こうなるのは避けたほうがいいですね。


しかしやっぱり、オンラインや大学の言語交換のペアーを見ると、異性のパートナー達が多い意ですね。そして恋愛につながることもあります。外国人と付き合うと会話力が伸びますが、ただ相手を探し、勉強に興味がなく、恋愛だけを狙っている人がいるので、気をつけてください。

一人の言語パートナーでたりますか?なるべく多くの人と勉強したほうがいいですか?

それは個人の趣向に任せた方がいいとも言えますが、言語パートナーが多い人のほうが早く上達するということは決して否定できません。勿論一人の人と話し、仲良くなりたいと思う人は、それでいいだと思います。それなら、信頼ができる人を選び、快適な環境に勉強ができます。

ただし、それで一人の人だけに慣れてしまう可能性があり、他の人と話せなくなってしまうかもしれません。人間は一人一人話す時の癖があり、あまり仲良くない人や、知らない人と話せる力も人生には大事なんですね。それに一人の言語パートナーと友達になれば、ただ気楽に日常会話をしたり、お互いにやさしくなりすぎて長が鈍ることも時々見れます。

数多くのパートナーがいれば、毎日話すことができるので、ただ言語力を伸ばしたいと思っている人はその方がいいですね。このように、毎日違う人とあい、2~3時間もはなしたりしてきた友達がいます。

のようにしたら、半年間だけで、ドイツ語凄く話せるようになったので、皆さんも是非この方法を試してください。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク