ヤバイ!モチベーションがない!その時はこうすればいい!

「もう勉強したくない!」「全然上達している気がしない!」「何で私はこんなに難しいことをしているの?」などと思ったことはありますか?言語学習ではモチベーションを失い、諦めたいときは誰でもたまにあります。長い間同じことを続けて、モチベーションを保つことは難しいです。

モチベーションが見つからない時には、こうすればいいと思います。

スポンサーリンク

勉強の目的を思い出す

言語学習の目的は人によってかなり異なります。他国に住みたいと思う人や、映画を字幕なしで見たいと思う人もいます。そしてただ趣味として好きな人もたくさんいますよね。勉強の意味を見失った気がしたら、どんな目的で勉強し始めたかを思い出せばいい。

毎日自分の目的をノートに書く人もいるみたいです。そうすると、毎朝モチベーションが出て、目的を見失うことはありません。


自分にご褒美をあげる

モチベーションがないことは辛いことばかりをし続けた証拠でもあります。なので、長い間勉強し続けた後、自分にご褒美を上げる習慣を作った方がいいです。好きなお菓子、散歩、旅行、なんでもありですよ。

趣味を勉強している言語で楽しむ

これは上記と同じく、辛い勉強の後の休む方法。しかしご褒美と違って、趣味を勉強している言語で楽しんだら、付随的に言語学習を続けることがきでます。勉強はアクティブに覚えるだけではなく、音楽を聴く、映画を見るこでも付随的にできます。

勉強方法を変える

一つや二つの勉強方法に固執する人は意外と多いです。けれども毎日一日中同じことをしたら、脳が疲れてきて、飽きます。その時はモチベーションを失います。

時々は新しい刺激を探しましょう。いつも教科書で勉強してたら、今度新聞を読むことに挑戦してみましょう。多読ばかりしていた人は今度シャドーイングを試してみた方がいいと思います。そうして、自分が優先している勉強方法に戻ると、モチベーションが戻るでしょう。

他の学習者と話す

言語学習はずっと一人ですると、寂しくなって、諦めちゃう可能性があります。人間は社会的な動物なので、他人から刺激を受ける必要があります。

それに、他の人の話を聞き、自分が上手いところに気づくこともあれば、モチベーションがでます。

休憩をとる

疲れがたまりすぎると、何をしても、モチベーションが戻らない時もあります。その時は仕方なく、しばらく言語学習をやめましょう。それはどのぐらいにするか、決まりはありませんが、本気で言語学習をする人なら必ず勉強にもどります。

しばらく休憩をとった後は、前はつまらなく、辛いと思った勉強でも楽しくて、新しいことに感じます。


スポンサーリンク