お酒は言語学習に手伝えるの?本当なの?

はい、本当です。最初はお酒と言語学習は関係あるという意見に引いてしまう人がいるでしょうが、実は本当です。もちろん、「沢山飲んで、単語を暗記しよう」とかということではありません。しかし色々な時にビール一杯は助けになることがあります

スポンサーリンク

考えすぎな人をもっと流暢にさせる可能性がある

告白します。私は普通の状態で考えすぎ性格あり、それで脳の混乱のあまり、話す時噛むこと多いです。それは日本語だけではなく、英語や自分の母語ドイツ語でもあります。

そのため、話すのが遅くなる癖もあります。数多くの人は話すスピードを流暢と間違えるので、色々な誤解が生じます。

けれどもビールを一本、日本人と飲むと、余計な考えは消え、もっと早く話して、会話の流れがよくなる傾向があります。もちろん、それは極めて不安定な状態です。飲みすぎると、自分がペラペラを話していると思っても、実は話が全然伝わらないことになりかねます。文法もメチャクチャになる傾向もありますので、ご注意ください。


言語学習に人間関係は大事なので、お酒を飲みながら仲良くなることは必殺技になる

二つ目大学に入ったときの話です。ドイツのボン大学で、週一回ぐらい、日本語を勉強しているドイツ人と日本人の留学生はドイツのバーに会って、ビールを飲みながら色々な話をするイベントがあります

私も定期的に参加しました。毎週同じこのような展開を見ました。最初の三十分や一時間はドイツ人と日本人は別々に座って、話し合いました。交流は一切なかったです。特に日本人の若い方々はシャイで、全然話しませんでした。

しかしビールを一本ぐらい飲んだ後、それが変わり始めました。イベントの二時間マークに入ると、もう皆が仲良く話したあって、プライベートな話もしました

このようなイベントで友だちを見つけて、一年間の留学中にいつも一緒に話して、一緒に勉強した人は山ほどいます。


日本でも人を知り合うためお酒が必要?

外国人から見ると、日本で本当の友だちを作るのは難しいです。深くて、面白い話をするには、一緒に飲みに行くことが必要があるきが時々します。言語学習に人間関係、友達、言語パートナーなどは不可欠なので、お酒がそこで助けるチャンスがあります。

でも飲みすぎると逆効果があるので、気をつけてください。

飲酒運転は厳禁です!

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク