勉強の習慣の大事さ・自分の体を支配しよう

私は最近改めて日常の習慣がどんなに大事かを体験しました。風邪を引いて、ちゃんと寝れず、一日の全部の予定は乱れてしまいました。仕事にも集中できなくて、大変なことになりました今はまた普通の日常になったので、この投稿を書こうと思いました。

スポンサーリンク

寝不足になるのは避けよう

寝不足か寝る時間が毎日大分ずれると、一日中集中できないことになる可能性があります。そして逆に寝すぎると、妙なことに同じ結果が待っています。なので毎日同じ時間帯に同じ長さで寝ると、一日の仕事と勉強はより効率的になります。寝ることでもバランスは大事です。そうすると体が自動的に同じ時間で起こすことにもなります。


同じ時間で勉強すれば、体は準備できる

寝ることと同じく、勉強のことでも毎日同じ時間帯でするのは大事で、体がその時間帯の行動に慣れます。長い間勉強の習慣を作って、続けると、同時的に集中力が上昇し、言葉を覚えることも簡単になります。

食事も勉強の習慣に大きい影響がある

ヘルシーな、軽い食事を食べると、集中力が上昇し、気分もよくなることは誰でも知ってるはずですね。重くて、消化しにくい食事を食べると、逆に眠くなります。それは時間の無駄になるだけではなく、一日のリズムを乱れる可能性もあります。眠くなって、昼寝をして、勉強の時間が短くなって、それとも勉強しないことになるかねます。しかし習慣を作るためには、毎日同じ時間帯同じ行動をしなければなりません。そうしないと、全部の苦労は水の泡になる恐れがあります。

暇の時間ももっと楽しくなる

毎日同じ時間で勉強すれば、終わりの時間もすっきりな感じをします。けれども、慣を作っていない人は「少しだけを勉強しちゃったな」などの考えを繰り返し、遊びの時間も勉強や仕事を考えることが多いです。

なので、楽しい時間を過ごすために、自分の体を支配して、勉強の習慣をつくりましょう

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク