スポーツへの愛と言語学習 ・ スポーツがどのように言語の上達に役立ったか説明しよう

こどもの時から、私はさんの遺伝子を受け継ぎ、スポーツが大好きでした。 スポーツをするだけではなく、スポーツ大会を見るのは凄く好きです。「それは言語学習とどういう関係あるの」と聞きたい人多分いますね。 答えは「私の英語はスポーツへの愛のおかげで上達できたということです

スポンサーリンク

好きなスポーツをフォローできるため、英語が必要だった

国によって、人気のあるスポーツはかなり違いますね。 私の母国ドイツはサッカーハンドボール、ホッケー、卓球など人気ですが、アメリカはアメフト、バスケットボール、野球など人気があります。私もアメリカンスポーツが大好きになりましたが、ドイツは土曜日の朝に30分しか放送されていません。

そのため、仕方なく、アメリカの放送局を見なければなりませんでした。 そしてインターネットの登場のおかげアメリカンスポーツを見ることは簡単になりました。

勉強する気がなくても、聴き取り練習する

実は普通の勉強はあまりすきではないです。高校の最後の試験のために、ほぼ3時間しか勉強していませんでした。しかし、スポーツを見ていると勉強している感じがしなくて、興味深く聴き取りの練習ができます。 スポーツへの愛は言語への理解を促したと思います。

そのおかげで勉強する非常にくなりました。


勉強する気がなくても、読む練習する

聴き取る練習だけではなく、読む練習の量もくなりました。特にインターネット登場してから、私は何時間もスポーツウブサイトを読みました。 今でも中毒と呼べるぐらいespn.comnfl.com、などを読みます。

記事の綺麗な英語だけではなく、コメントの俗語も沢山頭に入り、使えるようになりました。

沢山仲間を集めて、チャットや会話をする

もちろん、読んだりいたりするだけでは、流暢にはなりません。 沢山言葉を知ることはなりますが、流暢に話せるようになるためには、話すしかなくて、上手に書けるようになるためには、書くしかないです。

れには、スポーツの掲示板役に立ちました。 同じチームが好きな人と仲良くチャットしたり、相手チームと喧嘩したりすることで、英語を実際に使う事ができました。

それに色々な国の友だちも見つけることができましたスポーツへの愛がなかったら、私の英語はこんなに早く上達しなかったかもしれません。


スポンサーリンク