多言語学習 ・ 同時に多言語を学習するのは効率的でしょうか?メリットとデメリットを集めてみました

多言語学習をする人は意外と多いです。ヨーロッパで学校に行くと若い時から英語とフランス語を学び、スペイン語も追加できます。日本でも英語以外にもとドイツ語かスペイン語、フランス語、韓国語、中国語を学習する人は大勢います。

しかし、同時に多言語を学習するのは効率的でしょうか?それとも一つの言語だけを優先するべきでしょうか?それを考えるために、この投稿に多言語学習のメリットデメリットを集めてみました。

スポンサーリンク

色々な言語に興味あるから、飽きずに勉強できる

一日中一つの言語だけを勉強すると疲れがたまります。というのも、人間の脳は一つのことに集中するのが難しいからです。

しかし二つの言語を勉強すると、つまらない時に切り替え、違う世界に入ることができます。そうすると、勉強に飽きないため、毎日の勉強の量は多くなります。


他国の友だちを作ることができる

色々な国の友だちを作ることができるのは言語学習の大きいな利点の一つです。多言語学習の場合は多数の国の言語パートナーを作ことで世界が広がります。

また、言語学習に真面目に力を注ぐ人は主に、ただ言語を学びたいわけではなく、他国の文化や歴史にも興味があので、それについて自分の知識を深めるいいチャンス得られると思います。

文化や歴史を学べれば、旅行ももっと楽しくなりますよ。

言語の間の類似点を利用することができる

世界に似ている言語が沢山あります。ヨーロッパの言語はほとんど語源が同じなので、文法や言葉は非常に似てる場合があります。

例えば、フランス語を学んだことある人はスペイン語をほかの人より早く身に付けることができるはずです。日本人も他の国の人より早く韓国語を学べるといわれています

多言語学習をすると、言語間の類似点を利用することができ、勉強より効率的楽しく行うことができます


一つの言語の上達が遅くなる

もちろん、多言語学習すると、一つの言語を勉強する時間が少なくなります。言語学習は時間の問題ですので、上達が遅くなる場合が多いというのは決して過言ではありません。

若い時その時間があると思いますが、大人になったら、学習に費やせる時間が少なくなるため一つの言語優先する方がいいかもしれません

頭の中で混乱を起こす可能性がある

言語学習の目的は勉強している言語で考えることです。そのために一日中同じ言語で話したり、映画を見たり、本を読んだりすることは非常に大事です

しかし多言語学習の場合には、それできませんやろうとすれば、脳が混乱して、ちゃんと勉強することできなくなる可能性もあります。

私は日本語を独学で勉強していた時、同時に週二回韓国語のレッスンを受けていたことがありますが、授業中はずっと日本語の言葉が頭の中に浮かんでいました

以上のように、同時に多言語を学習したいなら、一つの言語に集中して、二つ目の言語は毎日少しずつだけ学んだ方がいいかもしません。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク