どうしてヨーロッパ人は英語がこんなにできるの?

英語はやはりこの世を繋げている言語と言っても過言ではありませんね。なので、どんな国でも英語の勉強を重要視しています。 しかし特にヨーロッパ人々は英語が上手いという印象がありますね。

もちろん、国によって違いますが、ヨーロッパは全体的に英語が上手いというはちゃんとした理由があります。 そのいくつかの理由の中の三つをここに紹介したいと思います

スポンサーリンク

他の国の言語は英語に似ている

だれでも知ってると思いますが、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、そして他のヨーロッパに使われている言語は同じ源があって、文法や単語の面では非常に似ている部分があります。 だから英語の学習はヨーロッパ人の方がアジア人より早くできるのです。 日本人も韓国語割りと早く身に付けることできますね。

しかしそれだけで、ヨーロッパ主に英語が上手い理由としては足りないと思います。似てるのは似てますが、英語の勉強で苦戦している人もいて、無理と思うヨーロッパ人もいます。 できないヨーロッパ人とできるヨーロッパ人の差は一体なんでしょうか?


テレビ番組と映画はオリジナルの英語で見る

特にヨーロッパの若い人は自分の国の映画ではなく、アメリカの英語とドラマが大好きです。そしてその映画は主にオリジナルの音見るの習慣です。 そのため、若いときから英語になれることできます。私自放課後いつもCartoon Networkを見ていました。そうすると、はやく英語になれることができます。

もちろん、色々な国で外国の映画は吹き替えられ、母国語に変えられます。 しかし、若い人はよく他のところで英語で映画やドラマを見ます。

インターネットのおかげで、毎日英語を使うことができる

インターネットの普及によって、英語を使うきっかけが大幅に増加しました。映画とドラマだけではなく、オンラインの掲示板やチャットルームを使って、ネイティブの英語母語者と自分の好きな分野について、チャットしたり、話したりすることができます

現在でも日本の皆さんの多少はインターネットを日本語だけで使うため、英語に慣れなくて、ずっと日本語で考えています。しかし流暢になるためは英語で考えるようにならないといけません。なので、日本の皆さんもヨーロッパ人のように、インターネットを毎日英語で使ってみてください。

この記事が気に入ったら、下いいねシェアのボタンして、Facebook, TwitterInstagramフォローお願いします!

スポンサーリンク